電力自由化で自由に選べるようになりました

これまで電気というのは、自分が住んでいる地域を管轄する電力会社と契約をして供給してもらう事しかできませんでした。ですから域外の電力会社と契約したいと考えてもする事が出来ませんでした。ですが一般的に消費者は、モノやサービスを購入する場所を自由に選択する権利があるはずです。それが電気の場合は権利を行使できないと言うのは、真におかしいと言わざるを得ません。そんなおかしな状況を改善しようという事で、新たな制度が始まりました。それが最近各所で注目されている、電力自由化です。これが始まった事で、消費者が自由に電力会社を選べるようになり、消費者は地域に縛られる事なく電力会社を選べるようになりました。電力自由化に伴い電力会社だけでなく、通信会社や石油元売り会社も電力供給に参加するようになり、消費者の選択肢がさらに広がりました。

電力自由化は本当にメリットなのか

2016年4月からスタートした電力自由化は料金が安くなる等のメリットがあるので、電力会社ではないところと契約したという方は少なくないはずです。ただ、料金が安いという理由で決めてしまうのはナンセンスだと言わざるを得ません。確かに料金が安くなるのは家計にとって嬉しいことですが、電気が安定して供給されるのかという部分は絶対に見逃していけません。電力会社が発電した電力を企業が購入しているタイプであれば問題ありませんが、自社で電気を発電しているところは気をつけるべきです。発電方法は何か、企業の財務状況に問題がないかをしっかりチェックしてください。原発の不安から再生可能エネルギーだけで発電している企業を応援したいと考えて選ぶ方がいますが、天候不順で上手く発電できなかった場合に電気が使えなくなってしまう可能性があります。電気は生活に欠かせないものなので、安定して供給できるかを重視してください。

電力自由化に関して知っておくと良いポイント

現在電力自由化が実施され、特定の電力会社だけでなく、様々な企業から利用先を選択できるようになりました。しかし中には電力自由化によって何が変わったのか、どんなポイントを重視して選べばよいのかわからないという人も少なくありません。そのためまずは次のようなポイントを押さえておくと良いでしょう。まず挙げられるのが企業ごとのサービスの違いです。携帯電話の3代キャリアをはじめ、複数の企業が独自のサービスを展開しています。そのため現在利用している電話会社を選択することで、料金の割引を受けることができる場合もあるため、それぞれのサービスについてしっかり確認しておくことが重要です。次に挙げられるのが各企業のプランです。電気料金は各企業によって違いがあり、同じだけの電力を使っても料金が大幅に変わることがあります。自身のライフスタイルと照らしあわせ、最もお得なプランで会社を選ぶのも一つの手です。上記のポイントをしっかり押さえ、電力会社を選ぶことをお勧めします。

料金メニュー幅も広がっていますのでどうぞご利用ください。 ハルエネは東京電力・中部電力エリアでご提供しています。 お申し込みはWEBサイトからか、電話で可能です。 スマートメーターというメーターを無料で設置いたします。 停電が起きた場合のサポートも行っております。 当サイトではご契約時の利用シミュレーションができます。 ぜひどの程度電気代を削減できるのかシミュレーションをお試しください。電力自由化でお客様のライフスタイルにあった料金プランを用意

電力自由化で日々の生活に変化を